安全な(優良)ポイントサイトの見分け方 - ポイントサイトで稼ぐコツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全な(優良)ポイントサイトの見分け方

今日は、ポイントサイトを安全に利用する上で管理人が目安としている判断基準について一つ書いてみたいと思います。
まず、大事なことは個人情報を適切に管理できているかどうかです。

ところで皆さんは、プライバシーマーク(Pマーク)というものをご存じでしょうか?
大手ポイントサイト等で見かけたことがあるこんなマークです。

プライバシーマークイメージ


プライバシーマークって何?


「プライバシーマーク(Pマーク)とは、個人情報保護に関して一定の要件を満たした事業者に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) により使用を認められる登録商標(サービスマーク)のこと。(Pマークと略して呼ばれることもあります。)」

簡単に説明すると「事業者が個人情報を正しく扱って、適切に守っている証」のことです。


プライバシーマーク取得にかかる費用


当然のことながら、プライマシーマークを取得するには、審査(文書審査、現地審査)、取得費用もかかります。
(新規登録で30~120万円程度。更新の場合22~90万程度で2年単位で更新のコストが必要となります)

プライバシーマーク取得のメリット


Pマークを取得した取引先とスムーズに契約が結べる
仕事の受注増加が見込める
官公庁の入札に参加することができる
パンフレット、Webサイト、名刺にPマークを入れて同業他社より優位性をアピールできる
一般消費者に個人情報を適切に取り扱っている企業(Webサイト)であることをアピールできる


プライバシーマーク取得のデメリット


Pマークを使用を継続していく限り、PMS(個人情報保護マネジメントシステム)をずっと運用していく必要がある
2年毎に更新が必要
1年に一回内部監査が必要
1年に一回従業者の個人情報保護教育を実施する必要がある(パート、アルバイト、派遣にも採用時に随時教育をする必要)
Pマークを取ったからといって個人情報漏えい事故が発生しないわけではない
個人情報漏えい事故が発生した場合JIPDECへ報告義務がある
事故によってはPマーク取り消しもある

プライバシーマーク取得の効果


ポイントサイト運営者側の立場から見れば、取得更新に関わる費用を負担してでも個人情報保護に対する姿勢をアピールしユーザーの獲得、また提携スポンサーの信頼を受けやすくすることで広告の充実を図ることが可能となります。
(広告利用者が増えれば、それだけポイントサイト運営者の利益にもつながります。)

プライバシーマーク取得状況を確認


ポイントサイト選びをする上で、まずプライバシーマークの取得の有無を確認し、ポイントサイト運営者が、いかに個人情報を守ろうとする姿勢があるのかを判断します。
(サイト上で、個人情報の取り扱いについて記載してあろうが、口先だけでは何とでも書けますからね。)
中小規模の事業者であれば、コストも関わってくる話ですから取得できないケースもありますが、個人情報を大事に扱っているかという一判断材料と成り得ると管理人は思います。


典型的な悪質サイトは、当然プライバシーマークなど取得することなく、登録時数千円分のポイントをプレゼント、高還元率、条件の良い紹介者報酬制度を餌に会員を募ってきます。そして広告案件も少なく、換金可能額は高く設定され換金可能額には達成することなく、迷惑メールや出会い系メールを送って来たりとやりたい放題です。なお退会しても迷惑メールは続きます。
(気付いた方もいらっしゃるでしょう。そうですあの☆サイト☆などです。)


危険(悪質)なポイントサイトの見分け方(特徴)の記事へ


これからポイントサイト始めるならこの4サイトへの登録は欠かせません

モッピー!お金がたまるポイントサイト  日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布




関連記事
今稼げるポイントサイトは、この2強  モッピー詳細  ハピタス詳細
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pointhikakunavi.blog.fc2.com/tb.php/13-8bb3b0b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。